Home > ▲Hillclimbs > 柳沢峠(★★★★☆)

柳沢峠(★★★★☆)

奈良県、大和郡山城にある柳沢公の神社。
そのInstagramで柳沢峠の由来を知り、つい登りたくなってしまった。

いつも通り、自走で都民の森へ。気温は2度。今年一番の冷え込み。


風張峠は気温一度・・・数字を見て寒くなる。


奥多摩湖へとダウンヒル。紅葉が始まっており、綺麗な風景。
気温一度のダウンヒル・・・体感は絶対マイナス気温。
でも、装備を万端にしていたので手も足もこごえなかった!


丹波山村へと向かう。
この周辺も紅葉や岩肌の木々で素晴らしい景色。


「道の駅たばやま」に到着。
先日、東秩父村の道の駅に行っているのであまりの差に少し寂しくなる。
丹波山村はもう少し頑張ったほうがいい。なにも購入意欲がわかずにサクッと進む。


柳沢峠残り6km程でわらび餅で有名なお店「山の湯宿はまやらわ」が。


今まで食べたことのない美味しさに寒さも忘れる。
でもできれば寒い日は中で食べたいな・・・お土産に複数購入した。


そして柳沢峠に到着。
都民の森も風張峠もガスがかかっていて凄く不安だったけど、
景色がよく富士山がちゃーんと見えた!


帰路は元来た道を戻りたがったが、計算上は都民の森のダウンヒルが暗闇になりそうなので
安全を優先して山梨県側に下ることにする。
ダウンヒル中も富士山が綺麗で見とれてしまう。


ダウンヒル中は「トンネル」「斜度が高くてスピードがかなり出てしまう」「高所恐怖症には辛い陸橋」など
生きた心地がしない箇所が多数あるが、そこは各自覚悟を決められたし。
平気な人たちが本当に羨ましい・・・
下りきるとフルーツラインへ出たので時間に逆に余裕が出たので体験する。
起伏がかなりあるが、車は少ないので格好の練習の場になりそう。


景色も素晴らしく甲府盆地を一望できる。


フルーツラインの終点でおとなしく勝沼駅で輪行すればよかったが、
調子に乗って甲斐大和駅へ向かった。その道が悪名高き甲州街道だとは知らずに。
甲州街道を半分ほど進み、その事実に気づくが戻るのも癪だし先に進む。
トラックと接触しかけた。これだから車道は・・・ぶつぶつ。


帰りは甲斐大和駅から輪行。


近くの武田勝頼像。武田家ファンには嬉しいサプライズ。



斜度は他の記事通り5%前後のゆるーい坂が延々と続く。
江戸時代からの道なので先人たちがゆるーい道を開拓してくれたのではないだろうか?
冬は日没が早いので初心者や初級者には柳沢峠は往復は難しいかもしれない。
往復するなら日が長い時期、復路は山梨なら冬でも行けるかも。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/381-1e229589
Listed below are links to weblogs that reference
柳沢峠(★★★★☆) from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Hillclimbs > 柳沢峠(★★★★☆)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村