Home > ▲Hillclimbs > 12月の名栗・奥武蔵ヒルクライムの服装は?

12月の名栗・奥武蔵ヒルクライムの服装は?

真冬の気圧配置との予報を見て、自分なりの衣服の組み合わせを試してみた。
DWC01-front-1 (1)BIG02XXNVY-product-h216-1_SMALL.jpgSBL01-Product-NM14-01_SMALL.jpgWJY09XXPUR-Product-H216-1_SMALL.jpgDWG02-Product-AW15-Pink-1_SMALL.jpg
自宅を出る時の気温が5度。最高気温が9度の予報。
名栗・奥武蔵は5度程度を想定した。

■上半身
1.【Rapha】DEEP WINTER COLLAR
『厳冬期のサイクリングで首元と顔を強力に保温・・・』と記載があるように
ダウンヒルの際は顔面が寒さで痛くなる。その痛さを忘れさせてくれる一品。
2.【Rapha】BREVET INSULATED GILET
3.【Rapha】WINTER BASE LAYER
4.【Rapha】WINTER WINDPROOF JERSEY
5.【Rapha】DEEP WINTER GLOVES
という感じで構成したが、街中は汗を各レベル。登攀時も同様。
ダウンヒル時は寒いがジレがある程度寒さも和らげてくれるので十分な装備であった。

■下半身
WTT04XXBPK-product-h216-1_SMALL.jpgTHB03XXHVP-Product-H216-1_SMALL.jpgDWS02-AW14-Product-01.jpg

1.【Rapha】CLASSIC WINTER TIGHTS
2.【Rapha】PRO TEAM THERMAL BIB SHORTS
3.【Rapha】DEEP WINTER SOCKS
4.DexShell(デックスシェル) 防水通気靴下 Thermolite socks (サーモライト ソックス) DS626T オレンジ L
5.フィジーク ウィンターオーバーシューズ ロード用 ブラック XL(42.5-44)

先達からのアドバイスは「1つのウェアで5度、0度を凌げるという服は無い」「組み合わせが大事」という話だったので、
上記のような組み合わせで挑んでみた次第だ。
結論から言えば平地は汗を各レベル、山の寒さも十分凌げるという結論。
気温5度対策は上記で充分だと分かったので次は0度対策をしっかり整えたいと思う。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/401-bd20d6c8
Listed below are links to weblogs that reference
12月の名栗・奥武蔵ヒルクライムの服装は? from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Hillclimbs > 12月の名栗・奥武蔵ヒルクライムの服装は?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村