FC2ブログ

Home > ▲Hillclimbs > 気温-4度の東秩父・奥武蔵ヒルクライム

気温-4度の東秩父・奥武蔵ヒルクライム

長瀞の朝は寒い。気温-4度の中、釜伏峠からスタートする。

釜伏峠は県道82号線から361号線へと進むルート。
この361号線開始から『民宿きりしま』までがキツイ。
そもそも釜伏峠の平均斜度が10%。
きりしま以降はかなり緩いので、この区間は10%以上は平均あると思う。



釜伏峠には釜山神社が。狛犬が狼であることから有名らしい。少し朝方に見ると怖い。
更に登ると二本木峠。


この辺りで寒さはピーク。
秩父高原牧場のダウンヒルは寒さに耐える。
一番使えるのはRapha】DEEP WINTER COLLAR
耳から鼻・口・頬すべて覆えるので寒いときは凄く便利。
ダウンヒルはこれで凌げる。
秩父高原牧場を下ると県道11号線に出る。ここから定峰峠を目指す。
定峰峠は斜度も平均5%なので釜伏峠を味わってからだと峠と感じないレベル(言い過ぎか・・・)。


定峰峠で休憩してロードバイクにまたがると何故か後輪がパンク。
パンク修理を行うが、落ち着いて日なたを探す。
やはり指が寒さで麻痺しては作業にならない。
自販機のホットココアで指を温めて休憩していざ修理。
1人なので誰も助けてくれない。下手すれば徒歩下山。
そういう精神修養もソロヒルクライムにはあると思っている。


パンクを修理して白石峠から堂平山を目指す。
堂平山は澄み渡った晴天でスカイツリーが見えていた。
パンクで少しビビっていたので定峰峠から秩父へ下るか悩んでいたが登って良かった。
堂平山山頂の景色を数分間静かに眺める。


堂平山を下ってからは狩場坂峠から顔振峠を通過して県道61号線を下り、一路シロクマパンへ。


風が強く風速6mとアプリには表示されており、ややハンドルも持っていかれるので無理せずここで終了。
名物のゴボウパンを堪能して越生駅から輪行で帰宅した。

結論としては気温が氷点下でもヒルクライムは可能!という事で1月も無理のない範囲で奥武蔵や秩父を攻略していこうと思う。

■参考ルート

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/402-f353089b
Listed below are links to weblogs that reference
気温-4度の東秩父・奥武蔵ヒルクライム from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Hillclimbs > 気温-4度の東秩父・奥武蔵ヒルクライム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村