Home > ▲ロングライド > RaphaFESTIVE500走破記:12月30日(2日目)

RaphaFESTIVE500走破記:12月30日(2日目)

RaphaFESTIVE500、2日目の朝。残り2日、でもある。
そして悪い予報が当たり、今日は風が強い。うまくいくのか・・・


※前日の走行記事はこちら
■この日の装備
以下を追加した。
Rapha】MERINO BASE LAYER - SHORT SLEEVE
BLS02SSDRO-Product-H216-1_SMALL.jpg
・【Rapha】BREVET INSULATED GILET
・【Rapha】WINTER WINDPROOF JERSEY
・【Rapha】WINTER BASE LAYER
上記を着たうえで着ている。
風も強くなりそうなので軽くて運搬しやすかったのでサドルバッグに忍ばせておいた。
上半身は合計4枚である。

相棒の提案で日の出を犬吠埼灯台で見る事に。日の出は6:50前後。
6時に宿泊先を出る。宿泊先は釣り人中心だったらしく、朝3時くらいから慌ただしく目が覚めてしまっていた。
利用者がどういう目的の方が中心かも考えておくのは宿泊先を選ぶ大事な要素かもしれない。

犬吠埼灯台へは順調に到着。ただ飯岡から犬吠埼はアップダウンが多く、平坦とは言えない。
が、そんな疲れは吹き飛ぶ素晴らしい景色を見る事が出来た。
太平洋からの朝日。ただただ眺めていることができた。


風が強く冷えるので長時間の滞在は難しかったので目当ての朝食処へと向かう。
今度は逆にダウンヒル。展望後なのでより寒い・・・
目当てのお店は「浜めし」
まぐろ・はまち・いくらの三食丼大盛サービスで1,400円!
焼き魚定食の朝定食は500円で地元の方はほとんどが朝定食。
いかにも観光客的な注文だが滅多に来れないので三食丼を頬張る。美味し!
IMG_1460.jpg

その後は昨日の逆走なのだが、銚子から利根川サイクリングロードの南端までは一般車道。
これが本来は銚子漁港を往来するトラックが多くて正直怖い。
が、年末という事で浜めしの定員さんに聞いたところ今日は市場は休み。行ける!とそのまま利根水郷ラインを北進。
そして利根川サイクリングロード南端へ着く。・・・結構味気ない素朴なスタート地点だ。



利根川サイクリングロード沿いに道の駅「水の郷さわら」で休憩。
ここで相棒が膝痛でリタイアを希望。佐原駅で見送る(という輪行したことが無いらしく輪行袋とホイールの脱着のレクチャーをする)。
ここからは孤独なロングライドの始まりだ。そして風が更に強まる。
体感的には風速4m程度。まだいける・・・所々で風速5mを感じ、ハンドルも時折取られかける。
体力の消耗度が半端ない。寄る予定の無かった道の駅「発酵の里こうざき」で休憩。



その後も黙々と利根川サイクリングロードを走るが、風が強くて先に進まない。
酷いときはサイコンの表示が時速17kmまで落ちている。これでは今日中に自宅へ帰れるかもわからない。
「輪行するか?」という弱気な気持ちも常に湧き上がる。
何か目標が欲しいな・・・と思ったとき、行きで立ち寄ったカフェ「リバーサイド」のジャンボパフェが何故か思いつく。
「そうだ、あのジャンボパフェを食べよう!」
そう思うと力が前よりも出てくる。
「ああ、人間は辛いときは程度の低い欲求こそエネルギーになるのかもしれない・・・」などと思いも巡り始める。

そしてリーバーサイドへ到着。ジャンボパフェ(600円)を注文!



しかし、相棒の輪行の手伝いやら強風やらで時間は大幅にロスしていた。
心の整理をしないと「急がないと・・・」という焦りしか心に浮かばない。
「急ぐことがロングライドの基本なのか?」
「何のためにロングライドしているのか?」
「ロスした際に何が問題なのか?」

など心配性の自分に言い聞かせる意味でカフェで心の整理をする。
結局は私の一番の心配は夜の長距離ライドだという事。
未経験・一般車道の危険など「不安と恐怖」が「早く帰りたい」になり、「急がないと」に繋がっている。
もう一度冷静に考えてみる。
今日は12月30日。車道は空いている。
明るくて広い車道を走れば安全。
もう、どうあがいても日没までには帰れない。
輪行すれば明日12月31日に180km以上は走らなくてはいけない。

カフェの店内で再度ルートを整理する。
想定では江戸川CRは日没後の走行。
その後の荒川CRは取りやめ、江戸川CRから秋葉原を抜けて靖国通りを走れば新宿に着く。
新宿からは通勤で慣れているので夜でも帰宅は簡単。

江戸川CRから新宿までが勝負!と計画を練り直してカフェを出る。

手賀沼サイクリングロードを抜けて柏駅へと向かう辺りで日没近く。予定通りだ。


日没から周囲が真っ暗になる前に江戸川サイクリングロードへ着く。


江戸川サイクリングロードの意外と助かったのは、土手の上の道だという事だ。
土手沿いの車道の街灯の灯りがややサイクリングロードを灯してくれているので真っ暗ではない。
所々は土手の下を通るが、その時の真っ暗さを体感すると土手の上でなければ進めなかったかもしれない。
土手の上から江戸川沿いの街の灯りを眺めながら進んでいく。
IMG_1513.jpg

その後は「京葉道路」→「靖国通り」を通過。
予想通り、片道三車線かつ空いていたので順調に進めた。
こういう予想が当たったというのも楽しさの1つとして実感した。心の余裕もでき、皇居の北の丸公園で記念撮影。


新宿からは井の頭通りに出て吉祥寺を目指し、多摩湖自転車道起点へを到着。
無事、我が家へと着いた。到着は21時。出発から15時間の長旅となった。


現在の記録370.4km/475km ※25kmは別日に散歩で稼いでいる。
12月31日(3日目)へと続く

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/408-0ec22bd3
Listed below are links to weblogs that reference
RaphaFESTIVE500走破記:12月30日(2日目) from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲ロングライド > RaphaFESTIVE500走破記:12月30日(2日目)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村