Home > ▲Hillclimbs > 飯能・名栗方面の路面確認ヒルクライム(2017/1/17)

飯能・名栗方面の路面確認ヒルクライム(2017/1/17)

残りの1月と2月のヒルクライムコースを検討するために飯能・名栗方面の路面確認へ向かった。

■今日のウェア
・【Rapha】MERINO BASE LAYER - SHORT SLEEVE
・【Rapha】WINTER BASE LAYER
・【Rapha】WINTER WINDPROOF JERSEY
・【Rapha】BREVET INSULATED GILET
・【Rapha】PRO TEAM THERMAL BIB SHORTS
・【Rapha】Deep Winter Tights

ルートはいつも通り、五日市街道から拝島へ西へ進み、奥多摩街道を北上。
東青梅から飯能へ進み、名栗へ到着するルート。
だいたい自走で名栗まで約3時間かかる。
東青梅でランチとし、カレーうどんで有名な根岸屋で食す。美味し。
その後は成木街道を北上して山王峠を越える。路面良し。


いつもなら、そのまま仁田山峠へ向かうが、北面は凍結の可能性ありと聞いていたので名栗湖へ向かう。
名栗湖前の坂(斜度:約7-8%)も路面は良し。


名栗湖を下ると丁度おやつの時間だったのでターニップへ。
ケーキセット600円を注文し、リンゴと桃のケーキを食す。
甘い桃とシャキシャキのリンゴの歯ごたえが疲れた身体を癒してくれた。


帰宅までの時間を考えると峠は残り1つだけ挑戦できそうなので飯能へ近い仁田山峠に挑む。
名栗からの仁田山峠は最初がキツイ。斜度が11%程はあるが、何とか登坂。
路面は特に凍結している箇所は無く、湧き水が流れている路面も凍っていなかった。


飯能側へと下ると北面なので日陰で非常に寒い。
装備的にはまったく問題なく満足できるコンディションだった。
飯能側の湧き水は完全に凍結していた。
水たまりも数か所凍結していたが、避けて通れる程度なので湧き水の箇所だけ注意すれば大丈夫だろう。


仁田山峠を降りた後は県道350号線から県道70号線に進み、飯能駅から輪行して帰宅した。
仁田山峠、名栗湖坂、山王峠は路面は現状は何とかなりそうなので、近日中に山伏峠と天目指峠を調べてみたい。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/415-02c9506f
Listed below are links to weblogs that reference
飯能・名栗方面の路面確認ヒルクライム(2017/1/17) from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Hillclimbs > 飯能・名栗方面の路面確認ヒルクライム(2017/1/17)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村