Home > ▲Campagnolo > カンパニョーロでシクロクロスを組んだ

カンパニョーロでシクロクロスを組んだ

山しか行かない私は路面の悪い林道もスイスイ進めるシクロクロスが欲しくなった。

山ポタなので当然軽くしたい。
そして下手くそ安全運転の常時くだりはブレーキングの私には、ディスクブレーキが魅力的・・・という事で
「軽い」でも「ディスクブレーキ」という我儘に何よりも【カンパニョーロでシクロクロスを組む!】という目的を持っていた。
注)カンパニョーロのディスクブレーキが発表される前

グループセットはATHENAを選択。
ATHENAは廃版が決まったので在庫を確保する意味で他の愛車と揃えた。
最悪、DEROSAのATHENAがダメになったらシクロクロスはPOTENZAにすればいいと割り切っていた。
なので、ディスクブレーキはカンパにするべく機械式を選んだ。
注)くどいようだが、カンパニョーロのディスクブレーキが発表される前

そしてほぼ全てのパーツが2月には揃った。しかし、思いがけないトラブルが・・・
海外通販で入手したホイールが前輪はディスク仕様、後輪はキャリバーブレーキ仕様という状態で誤配送
ここからが長かった。

連絡してから一次回答後に連絡が来ない。催促すると確認しているという返事。
それで1か月が過ぎ、このままでは埒が明かないと思った私は海外通販のショップの
Twitter/Instagram/Facebook全てに電凸をかけた。お金も惜しいが一番は時間が惜しい。
これが効いたのか何故かFacebookでのやり取りで事が進む。カスタマー窓口の意味って・・・

ホイールセットの返品に約1か月。検品・交換に1か月。再送に1か月。こうして6月まで時は過ぎる・・・

海外通販のリスクはここにあるが、日本では20万円超えるホイールが14万円で買える。
6万円の差は大きいし、下手すると20万円で買って態度が悪い・上目線という屈辱に耐えるなら海外通販の
連絡が大変なのと天秤かければ私は海外通販を選ぶ。それくらい態度がデカい奴は嫌い!

そして完成したのは以下のColnago Prestige 2017】である!


バーテープ:Rapha
ハンドルバー:3T Aerotundo Team Carbon Road Bars
ステム:3T Arx II Team Road Bike Stem
フレーム:Colnago Prestige 2017
クランクセット:カンパニョーロCX 11s
リアディレーラー:カンパニョーロ・アテナ11s
ブレーキ:カンパニョーロ・アテナ
ホイール:Mavic Ksyrium Pro Carbon SL Clincher Disc Wheelset
タイヤ&チューブ:グラベルキング 26C
シートポスト:3T Stylus 25 Team Road Bike Seat Post
サドル:Fizik Antares R3
ディスクブレーキ:TRP Spyre SLC Disc Brake

山専用を想定してハンドル位置は高めにした。
課題は幾つかあった。
1つ目はColnago Prestige 2017はSHIMANOのコンポーネントに最適化されている可能性が高い。
なので、カンパニョーロのクランクは大半がギリギリの装着となったことだ。
2つ目はフラットマウントブレーキかどうかを考えずにブレーキを購入した事。
これはアダプターで対処したが無駄な重量が増えているのでいずれは交換したい。


後日、クランクはシングルクランク化して重量は約8.3kgとなった。



有馬峠や乗鞍エコーライン、霧ヶ峰などをこの愛車で登り切れているので個人的には大満足。
油圧式のカンパニョーロのディスクブレーキも登場したので色々と考えて来年のカスタムの楽しみとしたい。
重量もいずれ7kg台を目指すべくコツコツと部品を買い集めるのも楽しいし、真冬の雪山で使えたら・・・と想像が膨らむ。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/425-a9f00262
Listed below are links to weblogs that reference
カンパニョーロでシクロクロスを組んだ from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Campagnolo > カンパニョーロでシクロクロスを組んだ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村