Home > ▲Campagnolo > 『Campagnolo CX Carbon Chainset』でシングルクランク化

『Campagnolo CX Carbon Chainset』でシングルクランク化

Campagnolo CX Carbon Chainset』 はカーボン製。かつ海外通販で捨て値価格(13,000円程度)。
しかし、商品ページには『Requires Power Torque BB cups with specially designed double-lip seal for CX』
つまり、専用のBBが必要・・・しかしそれが売っていない・・・なるほど捨て値の理由はこれか・・・と諦めていたが・・・

ご相談させていただいたショップ様が調べてくれて、通常のBBでイケル!と判明した。
そこで在庫1個だけ残っていた170mmの『Campagnolo CX Carbon Chainset』を注文。
が、そこからが少し長かった。
2週間後に海外の流通業者Trackpakの倉庫が炎上して私の商品も消えてしまったというメールが。
即座にキャンセル扱いの処理がされた(このショップさんは判断が早くて個人的に好き)。
そこで再度在庫1個だけ残っていた172.5mmの『Campagnolo CX Carbon Chainset』を注文。
こちらは無事に到着。

そちらの商品をシングルクランクしたのが以下の写真。


おかげでフロントディレーラーも取り外すことができ、重量は8.3kgまでに軽量化できた。
乗鞍岳にはこのカスタムが済んだ状態で挑んだ。


ゴールの畳平で先輩サイクリストに「ヒルクライム専用ですね」と褒めてもらえて倍嬉しかった。
愛機のこだわり部分に気付いてもらえるのは皆が嬉しいのではなかろうか。

近々、チェーンガイドを装着すれば最終完成!となる(気もするがどこかいじるんだろうな・・・)。
個人的にはイタリアンカラーが大事な車体なので、緑成分が少ないのがやや不満。
どこかのパーツを緑に変えたいが、それは後日の楽しみとしたい。

■閉話休題
調べるのは基本ユーザー(依頼主)、ショップは一切応えない・・・というショップが多い。
理由は、「責任が持てない(=買ったのにどうすんだこら!)」とか「時間がかかる(=質問だけして他店に依頼するでしょ)」
などが推定される(そうはっきり記載しているショップもある)。
だが、カスタムはショップとの信頼関係だと思う。
ショップのせいにするのは論外だし、ショップも何かあったら一言言ってくれれば心情的に救われる。
だから私は結局は礼儀だと思っている。

この業界はそこを理解できない「整備やパーツの知識が高い」「走行スキルが高い」という
他業界なら等の昔に淘汰された価値観が未だに根付いていたままだと感じる事が商取引上強く感じる。
まあ、嫌なら他店でやってくださいよ、で食べていけるからだろうが、「ロードバイク選手の年収が低い」とか
「大会の賞金が低い」とか「ヨーロッパに比べて・・・」という文章を見かける度に、その原因がどこにあるかが
自覚が無いんだなと思う。ラーメン屋の店主の但し書きや格闘ゲームの排他的なコミュニティのようで個人的には悲しい。
(そういう価値観が嫌な方はBlogをそっと閉じてくださいませ)

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://siraltriapendragon.jp/tb.php/438-377b5ec1
Listed below are links to weblogs that reference
『Campagnolo CX Carbon Chainset』でシングルクランク化 from Altria Diary - Campagnolo & Hillclimbs -

Home > ▲Campagnolo > 『Campagnolo CX Carbon Chainset』でシングルクランク化

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

PVアクセスランキング にほんブログ村